お薬について

おはようございます。最近お薬の副作用で不調になっている患者さんの声をたくさん耳にします。聞くところよると、1つの症状がある部位に出現すると、それに対して数個のお薬:また別の部位の症状で、また数個のお薬といった具合です。しかし、Aに出されたお薬の効果が、Bの中にも入っている事が有るのです。そうすると、過剰に摂りすぎて不調になる。また、Aの効果の1部がとBの効果と反対であったりすると、症状が弱くなって不調になったりします。なかなか症状が落ち着かない時は、お医者さんを疑うわけではありませんが、処方箋での薬剤師の方にも良くお話してみるのも1つの解決方法かもしれません。当院の患者さんも多数いらっしゃいました。今では快適に過ごされて喜んでおられます。今一度確認してみてください。薬も減って身体も楽になる事が多いですよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA